英語の基本動詞

”Live”の覚えるべき文型、熟語をまとめる【基本動詞の文型】

基本動詞の文型を制すものが英語を制します。

基本動詞の一覧はこちら。

今回は基本動詞 live の覚えるべき文型を

必要十分な量にコピっとまとめましたのでどうぞ。

覚えるべき live の文型と熟語!

<SV>live住む・暮らす・生きる
<SVC>live 形容詞~に生きる・~な生活を送る
<SVO>live ~な生活をする・~を示す
句動詞・イディオムlive on 食べ物
live up to
~を常食とする
~に従って生きる・~に応える

liveの意味は「住む・生きる・暮らす」です。

とにかく自動詞だということを頭に焼き付けましょう。
というか<SV>です。
live とくれば十中八九<SV>

<SVC>と<SVO>がともに
かなり限られた表現でしか使われませんから
以下、文型ごとに示していく形を知っていれば概ね問題ないでしょう。

また、liveは日本語の「生きる」と語感が近く
「生活する」「残る・続く」「生き生きとする」などという意味でも使われます。

<SV>

live 住む・暮らす・生きる

live のほとんどはこの<SV>文型です。
とにかくこれを覚えて帰ってください。以上。

【例文】

He has dreamed to live in the tropical island someday.
彼は熱帯の島にいつか住むことを夢見てきた。

How many times must we live before we come to know what we are for?
私たちはなんのためにあるのか知るまでに、私たちは何回生きればよいのだろう?
(Bob Dylan風例文)

<SVC>

live 形容詞 ~に生きる・~な生活を送る

Cにはかなり限られた形容詞しか入ってきません。
いろいろ調べてはみましたが、普通の英文に出てくるもので、あまりにくだけた表現などを除くと、下の例文にあげている live single 「独身で暮らす」を覚えておけば問題ないかと。

ただ一応<SVC>があると知っておいて、柔軟に対応できるように。

【例文】

My uncle, Charles, is living single near the Teutoburg Forest for 30 years.
叔父のチャールズは、トイトブルクの森の近くに30年間も独身で暮らしている。

<SVO>

live ~な生活をする・~を示す

liveが<SVO>のとき、Oに入る名詞は「a ~ life」か、「主義・信条」かのどちらかです。

日本語でも「~を生きる」といえる名詞は限られていますね。
「夢を生きる」とか「人生を生きる」とは言えますが「火力発電所を生きる」とか「ガムシロップを生きる」とは言えないのと同じです。

【例文】

We had better to learn to live a simple life to see the way to happiness in this complexly tangled society.
この複雑にこんがらがった社会では、我々は幸福への道を知るために質素な生き方を学ぶべきだ。

I live my philosophy. Or I won’t live anymore.
私は私の思想を生きる。さもなければもはや生きぬ。

句動詞・イディオム

live on 食べ物
live up to
~を常食とする
~に従って生きる・~に応える

live on 食べ物 で「~を常食とする」は試験界隈で地味によくみます。

live up to については
cling to 「~にしがみつく・執着する」
stick to 「~にこだわる・くっつく」

などと並べて 自動詞+to の句動詞のひとつとして覚えると覚えやすいかも。

【例文】

Bears seem and actually are strong, but they mainly live on plants.
熊は強そうだし、実際のところ強いが、彼らは主に植物を食べて生きている。

He is a man who always live up to our expectation.
彼はいつも我々の期待に応える男だよ。

まとめ

liveのまとめです!

  • ほとんど<SV>で「住む・暮らす・生きる」
  • <SVO>のOに入るのは「a ~ life」か「主義・信条」
  • live on 食べ物「~を常食とする」は意外とみる

いつも勉強お疲れさま。
最後まで読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
ささ
25歳。 副業で家庭教師をやっているので教材代わりのまとめや、世界50か国以上旅をしてきて感じたこと・伝えるべきだと思ったこと、ただの持論(空論)、本や映画や音楽の感想記録、自作の詩や小説の公開など。 言葉は無力で強力であることを常に痛感し、それでも言葉を吐いて生きている。 ときどき記事を読んでTwitterから連絡をくれる方がいることをとても嬉しく思っています。何かあればお気軽に。