英語の基本動詞

”Remain”の覚えるべき文型、熟語をまとめる【基本動詞の文型】

基本動詞の文型を制すものが英語を制します。

基本動詞の一覧はこちら。

今回は基本動詞 remain の覚えるべき文型を

必要十分な量にコピっとまとめましたのでどうぞ。

覚えるべき remain の文型と熟語!

<SV>remain
remain to be Vp.p.
ままでいる、残る
Vされるべきままである
(=Vするべきである)
<SVC>remain 名詞
remain 形容詞
remain Ving
remain Vp.p.
~のままで残る
~のままで残る
Vしたままでいる
Vされたままでいる

remainの意味は「そのまま残る」です。

「~ままでいる」「残る」「存続する」「留まる」などの訳があると思いますが
すべて意味は同じですね。
「そのまま残る」で大丈夫です!

remainで大切なのは
とにもかくにも自動詞だということです。

remainは他動詞ではない
ということを解答根拠として問うてくる問題はよくあります。

これさえ覚えておいてしまえば
あとは問題ありません。

自動詞の用法しかないので
<SV><SVC>文型のみとなりますが
それぞれ見ていきましょう。

<SV>

remain
remain to be Vp.p.
ままでいる、残る
Vされるべきままである
(=Vするべきである)

remain to be Vp.p. ですが
to 不定詞の目的として理解いただいて
「Vされるための状態のままで残っている」
と考えてください。

要するに「誰かがVするべきだ」ってことですよね。

【例文】

She remained at the station to wait for the train that was never to come.
彼女は駅に残って、来るはずのない電車を待った。

A pile of tasks remain to be finished.
終わらせるべき仕事が山積みだ。

It has remained for you to make the last decision.
あとは最後の決断を、あなたがすればいい。
(to makeがItの内容でfor youはその意味上の主語)

<SVC>

remain 名詞
remain 形容詞
remain Ving
remain Vp.p.
~のままで残る
~のままで残る
Vしたままでいる
Vされたままでいる

いろいろ書いていますが
Cに入るのは名詞か形容詞という原則通りです。

Ving, Vp.p.ともに形容詞としての用法もありますので。
ただし be Ving で表される進行形のイメージや
be Vp.p. で表される受動態は
remainの<SVC>にももちろん息づいているのでお忘れなく。

【例文】

However old it becomes, here remains my home town.
どれだけ古びようとも、ここに私の故郷がある。
(倒置文です)

My memory in Asturias remains so vivid in my heart.
アストゥリアスでの思い出は、私の心に鮮やかに残っている。
(アストゥリアスはスペイン北部の県。自然が豊かです。)

A man remained standing by his father’s tomb so long.
男は父親の墓のそばに長いこと立ち尽くしていた。

This cave painting from the prehistoric age had remained undiscovered until 19th century.
その先史時代の洞窟壁画は、19世紀まで未発見のままだった。

まとめ

remainで覚えておくことは以下の2点。

  • 意味は「そのまま残る」
  • とにかく自動詞!<SV><SVC>

いつも勉強お疲れさま。
最後まで読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
ささ
25歳。 副業で家庭教師をやっているので教材代わりのまとめや、世界50か国以上旅をしてきて感じたこと・伝えるべきだと思ったこと、ただの持論(空論)、本や映画や音楽の感想記録、自作の詩や小説の公開など。 言葉は無力で強力であることを常に痛感し、それでも言葉を吐いて生きている。 ときどき記事を読んでTwitterから連絡をくれる方がいることをとても嬉しく思っています。何かあればお気軽に。