英語の基本動詞

”Watch”の覚えるべき文型、熟語をまとめる【基本動詞の文型】

基本動詞の文型を制すものが英語を制します。

基本動詞の一覧はこちら。

今回は基本動詞 watch の覚えるべき文型を

必要十分な量にコピっとまとめましたのでどうぞ。

覚えるべき watch の文型と熟語!

<SV>watchじっと見る
<SVO>watch 名詞~をじっと見る
<SVOC>watch O V(原)
watch O Ving
OがVするのをじっと見る
OがVしているのをじっと見る

watchの意味は「じっと見る」

「見る」系の動詞はたくさんありますが
どれもニュアンスが微妙に違います。

see は視界に入っている状態を表しますが
lookは的を絞ってみる感じ。

glanceはチラリと見る様子を表し
stareは刺すようにジロジロ見ます。

今回取り上げているwatchは「凝視」
集中して見る様子を表します。

注意を傾けて見るので
「見守る」「監視する」という意味が出てきます。

文型の話をすれば
watchは他動詞としての用法がメインだというところが大切。

look, glance, stareは主に自動詞で
atなどの前置詞と組み合わせて使われる一方で

seeやwatchは目的語をとる知覚動詞
<SVOC>の形で使われることも頻繁です。

<SV>

watch じっと見る

目的語を置かなくてもwatchは「じっと見る」という意味で使えます。

しかし、以下の例文のように前置詞が続いて
実質的に目的語のような立ち位置で「見る対象物」が書かれる
ことも多いです。

前置詞の持つ意味をスパイスに
文に特定のニュアンスを加えたいのだと理解してください。

下の例文で言うと
watch over逃れる術のないよう覆いつくすように見ている感じ。

watch for は、wait for, look for, seek forなどの
自動詞+for の形と気が付いて
「求める、待ち望む」という意味が連想できれば
なかなかの英語力・文法感覚です。

【例文】

Always be honest. The God is watching over you.
いつも正直でいなさい。神様がみてますよ。

He’s been watching for a good chance for a good while.
彼は長いこと好機をうかがっている。

<SVO>

watch 名詞~をじっと見る

映画やスポーツ、生き物など
動いているものを追って見る場合は
十中八九watchを使うと覚えておきましょう。

また、目的語に子どもやお年寄りや患者が入ると
「見守る」「看病する」という意味に。

「看る」(みる)という感じにも「目」が入ってますね。

【例文】

Watching the bicycle race, he came to dream of having a road bike.
その自転車レースを見て、彼はロードバイクを持つのを夢見るようになった。

A bird is watching a black caterpillar.
鳥が黒い芋虫をじっと見ている。

The number of nurses in this hospital was not enough at all to watch all the patients carefully.
すべての患者を注意深く看るには、その病院には看護師が全く足りなかった。

<SVOC>

watch O V(原)
watch O Ving
OがVするのをじっと見る
OがVしているのをじっと見る

知覚動詞の<SVOC>ですので
OにはVの原形とVingがくるのは鉄板。

訳も原則通り
「SはOがCするのを知覚(見る・聞くなど)する」です。
(Cに入るのがV(原)やVingなので紛らしい書き方ですが…)

【例文】

She watched a suspicious man coming out from the school.
彼女は学校から怪しい男が出てくるのを見ていた。

I love to watch birds flying up in the sky freely.
私は鳥が自由に空へ飛び立つのを見るのが好きだ。

まとめ

watchの意味は「じっと見る」

他の「見る」系の動詞との区別は

  • 「じっと見る」凝視、注視のイメージ
  • 他動詞が主な用法

という2点でハッキリ理解しましょう。

<SVOC>のときには知覚動詞のパターンになります。

これだけ知っていれば特に問題がある動詞ではないかと思います。

では、いつも勉強お疲れさま。
最後まで読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
ささ
25歳。 副業で家庭教師をやっているので教材代わりのまとめや、世界50か国以上旅をしてきて感じたこと・伝えるべきだと思ったこと、ただの持論(空論)、本や映画や音楽の感想記録、自作の詩や小説の公開など。 言葉は無力で強力であることを常に痛感し、それでも言葉を吐いて生きている。 ときどき記事を読んでTwitterから連絡をくれる方がいることをとても嬉しく思っています。何かあればお気軽に。