英語の基本動詞

”Write”の覚えるべき文型、熟語をまとめる【基本動詞の文型】

基本動詞の文型を制すものが英語を制します。

基本動詞の一覧はこちら。

今回は基本動詞 write の覚えるべき文型を

必要十分な量にコピっとまとめましたのでどうぞ。

覚えるべき の文型と熟語!

<SV>write書く・手紙を書く
<SVO>write O~を書く
<SVO1O2>write O1 O2O1にO2を書く
<SVOC>write O to V OにVするように手紙で書く

writeの意味はご存じの通り

「書く」

ですね。
特にこの他に意外な意味もありません。

write 単体で「手紙を書く」という意味にもなることは
知っておきましょう。

誰に書くかをはっきりさせるときには
to 宛先

新聞や学会など、宛先が団体で
「手紙を寄せる、寄稿する」というニュアンスの時は
for 宛先

となります。


こういう細々したことを少し確認したら
あとは文型ごとに既定の意味を当てはめれば
writeはすべて読めます!

<SV>

write 書く・手紙を書く

drive が単体で「車を運転する」という意味になるのと同じ感覚で

write も単体で「手紙を書く」という意味になります。

宛先を示すときには 「to 宛先」
トピックを示すときには
「about トピック」「of トピック」「on トピック」
など
が主に使われます。

また、筆記具が主語になり「書ける」という意味も。
やっぱり drive と似てるなあ。

【例文】

I write to my parents every month.
毎月両親に手紙を書きます。

He wrote about a new theory of economy.
彼はある経済学の新理論について書いた。

She can’t read and write.
彼女は読み書きができない。

This pen writes smoothly.
このペンは滑らかに書ける。
(主語が筆記具のパターンです。)

<SVO>

write O ~を書く

日本語で「~を書く」というとき
「~」の部分には結構なんでも自由におけることにお気づきでしょうか。

「気持ちを書く」なら内容だし
「1000文字書く」なら量だし
「小切手を書く」なら物だし
「中国語を書く」なら言語だし
「『好き』と書く」なら実際に書いた言葉です。

英語の write もこれと同じ。
Oにおけるものの自由度は高く、日本語の「書く」の感覚にかなり近い
です。

【例文】

I’d like to learn writing Hebrew.
ヘブライ語の書き方を学びたい。
(右から左に書くんだよ。)

Soseki wrote “I am a cat.”
漱石は「吾輩は猫である。」と書いた。

Writing 100 pages is a piece of cake to me.
私にとって100ページ書くなんて朝飯前だよ。
(言ってみたい。。。)

<SVO1O2>

write O1 O2 O1にO2を書く

<SVOO>の文型をとる動詞は
授与動詞と呼ばれます。
意味は「与える」。

便りを書くのも与える行為のひとつの形です。

【例文】

Promise to write me the result as soon as possible.
すぐに結果を書いてよこすと約束してね。

<SVOC>

write O to V OにVするように手紙で書く

writeは<SVOC>もとります。
が、意味はまさに<SVOC>ど真ん中という感じなので問題ないでしょう。

やはりCには to V なので
「する方向に」うながす意味合い
になります。

個人的に write には<SVOC>のイメージがあまりなかったので
あやうく書き忘れるところでした。意外な感じ。

覚えてなくても<SVOC>を深く理解し
慣れてくれば読み間違えることはないでしょう。

【例文】

I write my dad to send vegetables every year.
私は毎年父に野菜を送ってくれるように書いて頼む。

まとめ

write は単体で「手紙を書く」

あとは文型ごとに意味に沿って
「書く」を軸に訳せば問題ないでしょう。

特に強調するべき熟語もありません。

厄介者が多い基本動詞ですが
write のように単純明快なものがあると
ちょっと安心しますね。笑

では、いつも勉強お疲れさま。
最後まで読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
ささ
25歳。 副業で家庭教師をやっているので教材代わりのまとめや、世界50か国以上旅をしてきて感じたこと・伝えるべきだと思ったこと、ただの持論(空論)、本や映画や音楽の感想記録、自作の詩や小説の公開など。 言葉は無力で強力であることを常に痛感し、それでも言葉を吐いて生きている。 ときどき記事を読んでTwitterから連絡をくれる方がいることをとても嬉しく思っています。何かあればお気軽に。