英語の基本動詞

”Arrive”の覚えるべき文型、熟語をまとめる【基本動詞の文型】

基本動詞の文型を制すものが英語を制します。

基本動詞の一覧はこちら。

今回は基本動詞Arriveの覚えるべき文型

必要十分な量にコピっとまとめましたのでどうぞ。

覚えるべき arrive の文型と熟語!

<SV>arrive
arrive at / in 名詞(場所)
到着する
~に到着する

え!これだけ!?!?

そう、これだけ!!
Arriveは楽勝基本動詞です。

とる文型は<SV>のみ。
これといって取り上げるべきイディオムもありません。

着く場所によって使い分ける at と in

arrive は自動詞なので「どこに着くか」を書きたいときには後ろに前置詞を置きます。

基本的には at
着く場所が広いときは in

と覚えておけば大丈夫。
このへんはarriveの用法というよりも、前置詞の意味で使い分けてる感じですね。

たまに arrive on 場所 となる場合もありますが
そういうのを見たときも、後ろの単語との兼ね合いで on になってるだけで、arriveの意味は「到着する」なんだな~と思っておけば問題ないです。

reach との使い分け

arriveという動詞について説明するにあたり、
いちばんの論点は“reach”との使い分けです。

ひとことで言えば

arrive は自動詞、reach は他動詞。

意味はほとんど同じ2つの動詞ですが(reachは数値が達するとか、もっと幅広く使うけどね。)、後ろにくる形が違うのです。

arrive と reach

ビーチに着いた。
〇 I arrived at the beach.
✕ I arrived the beach.
✕ I reached at the beach.
〇 I reached the beach.

reachは他動詞なので目的語が必要なのです。


そこに着いた。
✕ I arrived at there
〇 I arrived there
✕ I reached at there
✕ I reached there
 cf. 〇 I reached the place

thereは副詞なので目的語にはなれませぬ。残念ながら。

「到来する」という意味

「到着する」というと事務的な感じがしますが
arriveにはちょっとアツい使い方があります。

「時代が到来する」とか「(赤ちゃんが)生まれる」とかです。

【例文】

The time has arrived for me to laugh.
吾輩が笑うときがやってきなすった。
(悪いヤツですね。たぶん。)

The baby has just arrived.
その赤ちゃんはちょうど生まれたところです。
(感動的な生命の誕生シーンで「赤ちゃんが到着されました!」
じゃ、お笑いになっちゃいます。)

まとめ

arriveは自動詞ということさえ覚えておけば特に怖くない動詞ですね。

後ろの前置詞の選び方やreachとの区別も
arriveの知識というよりは、前置詞の意味や基本的な文型の知識でカバーすべきところです。

問題ないない、楽勝楽勝。

では、読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
ささ
25歳。 副業で家庭教師をやっているので教材代わりのまとめや、世界50か国以上旅をしてきて感じたこと・伝えるべきだと思ったこと、ただの持論(空論)、本や映画や音楽の感想記録、自作の詩や小説の公開など。 言葉は無力で強力であることを常に痛感し、それでも言葉を吐いて生きている。 ときどき記事を読んでTwitterから連絡をくれる方がいることをとても嬉しく思っています。何かあればお気軽に。