英語の基本動詞

”See”の覚えるべき文型、熟語をまとめる【基本動詞の文型】

基本動詞の文型を制すものが英語を制します。

基本動詞の一覧はこちら。

今回は基本動詞 see の覚えるべき文型を

必要十分な量にコピっとまとめましたのでどうぞ。

覚えるべき see の文型と熟語!

<SV>see見える
わかる・理解する
調べる
<SVO>see O~を見る
~を理解する
~に会う
~を確かめる
※視界に入ること
<SVOC>see O V(原)
see O Ving
see O Vp.p.
OがVするのを見る
OがVしているのを見る
OがVされているのを見る
句動詞・イディオム see after 名詞
see 名詞 off
see over 名詞
Let me see
~の世話をする
~を見送る
~を見回る、調べる
ええと・うーん
  • 見る
  • わかる・理解する
  • 調べる
  • 確かめる
  • 会う
  • 世話する

このような訳をもつ seeですが
すべて共通点は「視界に入ること」です。

「わかる・理解する」などは一見違う意味のようですが
概念的に「視界に入る」ということだと思ってください。

わからないというのは見えないことです。
仕組みや理屈や意図や理由が見えないから「わからない・理解できない」

反対にそれらが見えれば「わかる・理解できる」です。

同じく「確かめる」や「調べる」も「視界に入る」という意味からきているので
研究者が仮説が正しいかを確かめるときなど「精査する」ような意味では使いません。

「ドアが開いているか確かめる」とか
「ちょっと店開いてるか調べてよ」とか

見てわかるような内容を確認するときに使います

これさえ覚えてしまえば
あとは<SVOC>でCに何がくるか
覚えるくらいですね。

ただそれは知覚動詞全般同じなので
seeの文型というよりも知覚動詞の文型として
まとめて勉強した方がいいような気もします。

では、文型ごとに見ていきましょ。

<SV>

see 見える
わかる・理解する
調べる

素直に see らしい意味なので問題ないですな。

以下の例文のような、口語でよくみる使われ方は知っておきましょう。
see の核の意味をまさに地で行くような表現だと思います。

【例文】

You see.
ほらね。
(直訳から意味をとるのは難しいでしょうか。このニュアンスがわかったときが、seeを理解したときかもしれんです。)

You will see.
今に分かるよ。
(同じニュアンスです。)

I see.
なるほ!
(ど)

<SVO>

see O ~を見る
~を理解する
~に会う
~を確かめる
※視界に入ること

訳出ではいろいろなパターンにわかれがちな<SVO>も
「視界に入る」という核の意味から抜け出していくことはまずありません。

【例文】

Do you see her lately?
最近彼女に会ってる?
(現在形だと習慣を表すので、「付き合っている」という意味になることも。習慣的に会うからね。)

What did you see?
何を見たんだ?
(恐怖に歪んだ女性の顔がスクリーンに…的な場面。)

<SVOC>

see O V(原)
see O Ving
see O Vp.p.
OがVするのを見る
OがVしているのを見る
OがVされているのを見る

知覚動詞の<SVOC>は
Cにくるものも、訳出の仕方も
すべてこのパターン。

hear, look at, watch, feelなどとまとめて覚えよう!

【例文】

He likes to see his son play around.
彼は息子が遊びまわるのを眺めるのが好きだ。
(good daddy!)

I saw your mom singing at the karaoke.
お前の母ちゃんカラオケで歌ってたぞ。
(いらんこと報告すなよ。)

Nobody wants to see you beaten.
誰も君が負ける姿など見たくないんだ。
(絶対に負けられない戦い…みたいな。。。)

句動詞・イディオム

see after 名詞
see 名詞 off
see over 名詞
Let me see
~の世話をする
~を見送る
~を見回る、調べる
ええと・うーん

see 名詞 off 「~を見送る」
くらいしか見ないかな…。と思います。

これは<SVOC>を前提とした表現
I see you off.「君を見送る」なら
You are off (to どこどこ). 「君は出発する」
な状態を see するということです。

see after
look afterと意味も語感も同じだね。

Let me seeも
let の<SVOC>で直訳は「見せて」ですが
転じて
「ちょっと何言うか脳内で見つける時間ちょうだい」
みたいな感じから
日本語で言う「ええと」「うーん」的な用法をされます。

【例文】

Let me see you off.
お見送りをさせて。
(Let me seeが常に「ええと」となるわけじゃないんだぜ。ちゃんと「英語を読んで」くれよな。丸暗記を場当たり的に繋いで読んでも英語を理解したことにはならんぜよ。)

まとめ

see は 「視界に入る」こと。

すべての意味はこの核からの派生ということが
理解できたかと思います。

<SVOC>がやはり見つけにくいですが
Cにくるものを覚えるのみ。やることは変わりませんよ!

では、いつも勉強お疲れさま。
読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
ささ
25歳。 副業で家庭教師をやっているので教材代わりのまとめや、世界50か国以上旅をしてきて感じたこと・伝えるべきだと思ったこと、ただの持論(空論)、本や映画や音楽の感想記録、自作の詩や小説の公開など。 言葉は無力で強力であることを常に痛感し、それでも言葉を吐いて生きている。 ときどき記事を読んでTwitterから連絡をくれる方がいることをとても嬉しく思っています。何かあればお気軽に。