英語の基本動詞

”Speak”の覚えるべき文型、熟語をまとめる【基本動詞の文型】

基本動詞の文型を制すものが英語を制します。

基本動詞の一覧はこちら。

今回は基本動詞 speak の覚えるべき文型を

必要十分な量にコピっとまとめましたのでどうぞ。

覚えるべき の文型と熟語!

覚えるべき speak の文型と熟語!

<SV>speak
speak to

speak of
speak about
話す
~に話す
~について話す
~について話す
<SVO>speak O
※Oには主に言語
~を話す
句動詞・イディオムspeak ill of 名詞
副詞 speaking
※generally, franklyなど
~を悪く言う
~いえば、

speakの意味は

基本的に「話す」のみだと考えて差し支えないです。

音を発すること全般や、Sに人以外をとって
「鳴く」とか「もの語る」とか
擬人法的に使われることもあるけど

日本語でも同じことが起きてるので
感覚的に理解できるはずです。
とりたてて意識する必要もないかなと。

talk, tell, sayなどとの区別が大切ですので
speakに関しては

  • 基本的には自動詞であること
  • 聴き手に「伝えること」よりも「音を発すること」が意味の重心

という2点を抑えておきましょう。

talkは割と、tellは完全に
「話し相手」を想定した意味ですが

speakは「話し相手」の想定がかなーり薄いです。

「伝える」うんぬんよりも
「発話という行為」自体へのフォーカスが強めな動詞ですね。

<SV>

speak
speak to

speak of
speak about
話す
~に話す
~について話す
~について話す

speakは基本的に自動詞です。

つまり用法のほとんどは<SV>です。

後ろに「話かける相手」がくるときは
speak to 相手
となります。矢印「→」を表す to でOKですね。

speak of と speak about

この2つの違いは
think of とthink aboutの違いと同じです。
詳しくは

">こちらの記事へ。

https://jironkuron.com/think

【例文】

I’m speaking to you!
あんたに話してるんだよ!

I’ll speak of it with him.
それについては彼と話しとくよ。

<SVO>

speak O
※Oには主に言語
~を話す

speakは基本的に自動詞だといいましたが
他動詞もあります。

しかしspeakが<SVO>をとるときには
Oに入る名詞が以下のようにかなり限定されます。

  • 言語
  • 事実
  • 意見

この中でも90%以上は「言語」です。

I can speak ENGLISH!
のパターンです。

【例文】

What language does he speak?
彼は何語を話しますか?

She has finally decided to speak the truth.
彼女はついに真実を語る決意をした。

句動詞・イディオム

speak ill of 名詞
副詞 speaking
※generally, franklyなど
~を悪く言う
~いえば、

speak ill of 「~を悪く言う」
think ill of 「~を悪く思う」などとセットで覚えましょう。

そして大切なのが
副詞+speaking

これは熟語として覚えるべきです。

理由は、
Vingの副詞用法(つまり分詞構文)で、意味上の主語が明示されていないのにも関わらず、意味上の主語が全体の主語と一致しないからです。

要するに
「分詞構文の意味上の主語が、明示されていない限り全体の主語に一致する」
という英文法の原則に当てはまらない表現だということです。

こういうのは別個に熟語として覚えておかないと
文法の原則に固執して読もうとするあまり
泥沼にはまっていくことになりかねません。

副詞+speaking
意味は「~に言えば」

よく見る例をあげておきます。

  • generally speaking, 「一般的に言えば」
  • frankly speaking, 「率直に言えば」
  • strictly speaking, 「厳密に言えば」
  • honestly speaking, 「正直に言えば」
  • roughly speaking, 「大雑把に言えば」
  • theoretically speaking, 「理論的に言えば」

けっこういろんな -ly系の副詞が入ることができます。

【例文】

I heard Sheeta speaking ill of Muska.
私はシータがムスカの悪口を言っているのを聞いた。
(バルシ!!あ、噛んだ。バルス!!!)

Honestly speaking, Howl is Kimuaku.
ぶっちゃけハウルはキムタクなんだよ。
(わかるようでよくわからないようでわかる。)

まとめ

  • speakは「(話し相手の想定が薄い)話す」
  • 基本的には自動詞
  • 他動詞の時はOに言語がくる
  • -ly speaking「~に言えば」という熟語をチェック

speakのまとめはこんな感じです。

基本動詞の中では
覚えてべき点や意外な意味も少なく
取っつきやすいほうでしたね。

それでは、いつも勉強お疲れさま。
読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
ささ
25歳。 副業で家庭教師をやっているので教材代わりのまとめや、世界50か国以上旅をしてきて感じたこと・伝えるべきだと思ったこと、ただの持論(空論)、本や映画や音楽の感想記録、自作の詩や小説の公開など。 言葉は無力で強力であることを常に痛感し、それでも言葉を吐いて生きている。 ときどき記事を読んでTwitterから連絡をくれる方がいることをとても嬉しく思っています。何かあればお気軽に。