英語の基本動詞

”Seem”の覚えるべき文型、熟語をまとめる【基本動詞の文型】

基本動詞の文型を制すものが英語を制します。

基本動詞の一覧はこちら。

今回は基本動詞 の覚えるべき文型を

必要十分な量にコピっとまとめましたのでどうぞ。

覚えるべき seem の文型と熟語!

<SVC>seem 名詞
(seem like 名詞)
seem 形容詞
seem to V
seem Vp.p.
~のようだ・~に思われる・~らしい
イディオム・熟語It seems that SVSVのようだ
SVのように思われる

seemときたら<SVC>!

見ての通り

seemは<SVC>の権化です。

覚えることはとにかくこれ。

seemときたら速攻で<SVC>です。

ではCには何が入るのか。

  • 名詞
  • 形容詞
  • to V
  • Vp.p.

の4つです。

<SVC>をとる以上
be動詞的な側面がある
というのは常です。

もちろん S=C ですし
Cには名詞か形容詞がきます。

さらに後ろにVp.p.が続けば
<be>+Vp.p.が成立したのと同じことですから
seem+Vp.p.も受動態になります。

seem to V の形の時は
seemの「~のようだ・思われる」という意味と
to V の「~する方に向かう」という意味が合わさり

「~するようだ・するように思われる」
となります。

ちなみに
seem to Vの to V以降はもはや
seemの領域からは逃れて自由ですから

seem to be Ving
seem to be Vp.p.
seem to have to V

など、進行形や受動態、助動詞的な表現なども含めて
自由に文章を進めていくことができます。

さて、基本的に<SVC>だということだけ
分かっていれば文構造に関して
困ることはないseemという動詞ですが

別件で覚えるべきことが以下の2点だけあります。

  • It seems that SV という形
  • 判断の主体は話し手(書き手)

It seems that SV

まず It seems that SVですが
これはもう形として
「SVのようだ、SVのように思われる」
と覚えてしまってください。

文法上の主節は
It seems で「主語ー動詞」なんですが
これは形式主語に対してseemで「~なようだ」
と言っているだけなのでほとんど内容的に価値がありません。

だからこの部分は
「~のようだ」って言ってるんだね~

と思って後はthat節の中身を
主節の気分で読んでいけばいいのです!

ちなみに口語では
thatの代わりに like や as if が使われることもあります。

「~のようだ」と思ってるのは話し手!

2点目の「判断の主体が話し手(書き手)」という話ですが
「~のようだ」という以上はそう思っている人がいるわけです。

その「~のようだなあ」と思ってるのは
「S seem なんたら という文を発している人」です。

これを
「判断の『主体』なんだから『主語』のハズやで!!」
と考えてseemに対する主語(S)が判断の主体だと
勘違いしてしまう人が多いです。

気をつけようね。

ちなみに「判断の主体」を明示したときには
「to 判断の主体」で「~にとって」という感じに書き加えます。

(例文をCHECK!)

【例文】

She seems a kind person.
彼女は優しい人に見える。
(そう見えるだけかもよ。。。グハッ)

She seems to be hitting me.
彼女は僕を叩かんとしているようだ。
(やっぱりね)

It seemed to me that they were flirting.
僕には彼らがイチャついているようにみえた。
(第三者視点だとコレだ)

This key seems broken.
この鍵、壊れてるみたい。
(実は締め出されてたりして…)

まとめ

  • seemは<SVC>
  • Cにくるものを覚えよう
  • It seems that SVは「SVのようだ」
  • 「~のようだ」と思ってるのは話し手

そんな覚えることがたくさんある動詞ではありませんが

異常な登場頻度を誇ります。

ある大学の試験を受けて
英語の問題用紙にseemが印刷されてないなんてことはまずなんじゃないかな…

日本語でも「~みたい」とか「~のようだ」って
たんさんいいますよね。

絶対に頻繁に使う知識なので
しっかり覚えて楽しましょう!

では、いつも勉強お疲れさま。
読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
ささ
25歳。 副業で家庭教師をやっているので教材代わりのまとめや、世界50か国以上旅をしてきて感じたこと・伝えるべきだと思ったこと、ただの持論(空論)、本や映画や音楽の感想記録、自作の詩や小説の公開など。 言葉は無力で強力であることを常に痛感し、それでも言葉を吐いて生きている。 ときどき記事を読んでTwitterから連絡をくれる方がいることをとても嬉しく思っています。何かあればお気軽に。